明星大学通信 PA1030『教育の制度と経営』一発合格レポート 1、2単位目セット 2016年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数299
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    PA1030『教育の制度と経営』
    2016年度に提出し、一回で合格頂いたレポートの1、2単位目のセットです。テキストのみを利用して書きましたが、講評も良いものを頂きました。今後学習される皆様の参考になれば嬉しいです。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『教育の制度と経営』1単位目
     日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、
      見解を述べよ。
    (1) 科学技術の急速な発展を基盤とする高度情報・通信社会の到来に伴って、私たちの社会は急激に変化している。教育もその例外ではなく、むしろ教育改革こそ人類がこれまで経験したことのない変化に直面している。その中で、中央教育審議会により今後の教育の基本方針として打ち出された「生きる力」の育成と「ゆとり」教育の推進の動向が、今後の教育改革の注目となっている。
     激動する21世紀の社会に対応するためには、①「自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力の向上」などを身に付けるための「生きる力」の育成、②「ゆとり」のある教育環境で「ゆとり」のある教育活動をする、などが必要であるとされ、その目的達成のための施策が実行されてきた。しかし、このいわゆる「ゆとり」教育では基礎的・基本的な力が身に付かず、国際競争に後れを取るとの批判をうけ、「ゆとり教育」路線の変更が議論された。しかし、旧来の詰め込み主義の教育では「生きる力」が育成されず..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。