生徒指導と進路相談

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数86
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:生徒を理解するとはどのようなことかを具体例をあげ   ながら説明しなさい。さらに進路相談にどのように生   徒理解を生かしていくのかを論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導の目的は、一人ひとりの生徒が身体的・精神的な健康を維持しながら、望ましいパーソナリティを形成し、学校生活への適応を高め、将来の社会生活に必要な対処能力を獲得できるよう援助することである。一人ひとりにねらいをおくとすると、生徒のもつそれぞれの特徴や傾向をよく理解し、把握する生徒理解が必要となる。
    指導する側が生徒を理解する側面と、生徒が適切な援助・支援により、自分自身に対する理解を深めていく側面もある。生徒理解は、生徒の自己理解を深めるためにこそ行われるべきである。
    生徒を理解するために資料を見ていけば、教師が指導するために留意点が見えてくる。基本的な視点は、「主観的な誤り」「資料の偏り」「検査結果の見方」「生徒指導に結びついた生徒理解」「共感的な理解」がある。
    また、内容としては「身体的側面」「心理的側面」「社会的側面」の3つに分類することができる。「身体的側面」では青年期における性の受容や身体的早熟者と晩熟者の心理的差異に留意しなければならない。「心理的側面」では、「性格・行動」「能力・適正」「興味・関心」の3側面に分けて考えることができる。「社会的側面」では「対人関係」「学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。