明星大学 2013~2016 健康・スポーツ科学論 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数85
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度 WB1010 健康・スポーツ科学 1単位目
    『生涯スポーツと運動の科学』森谷 繁 監修(市村出版)
    生涯学習の観点から、これからの日本社会におけるスポーツの必要性について述べなさい。

    2013年の8月に合格したレポートです。
    参考になれば幸いです。

    参考文献
    (『いつでもどこでもだれもが楽しめる生涯スポーツの実現』所沢市,2006)
    (『年齢に応じた運動のすすめ』宮下充正,2004)
    講評
    スポーツの必要性について、具体例も挙げて丁寧に説明されています。(2013.8.16)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生涯学習とは、学校で学ぶだけでなく生涯にわたって学習していくことを意味する。生活の向上、職業上の能力の向上や、自己の充実を目指し、各人が自発的な意思に基づいて行うことを基本とするものであり、必要に応じて可能な限り自己に適した手段及び方法を自ら選びながら生涯を通じて行うものである。
     生涯学習においてスポーツは、一人ひとりのライフスタイルや年齢、体力、運動技能、興味等に応じて、生涯にわたり様々な形で関わり、スポーツの持つ多くの意義と役割を暮らしの中に取り入れることを意味する。つまり、「いつでも、どこでも、だれでもスポーツに親しむ」ことが生涯スポーツである。ウォーキングやジョギングなどの日常の身体活動やレクリエーション、レジャー、競技としてのスポーツ、学校教育で行われる体育の授業など、スポーツに関わる全てが含まれる。
     また、文部科学省がスポーツ振興法に基づき、平成12年に策定した「スポーツ振興基本計画」によると、「スポーツは、人生をより豊かにし、充実したものとするとともに、人間の身体的、精神的な欲求にこたえる世界共通の人類の文化の一つである。心身両面に影響を与える文化としてのスポーツは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。