広告論 分冊2 S30900 インターネットコミュニケーションの偶有性について述べなさい

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数61
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    インタネットコミュニケーションの偶有性について述べなさい。合格レポートです。良く書けているとの講評でした。
    丸写しはせず参考程度にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     インターネット・コミュニケーションの偶有性について述べる。
     インターネットの普及により、人々が直接他者と接することなく、さまざまな年代、性別の人と同じ関心の物や話題等で、意見交換などコミュニケーションがとれる時代となっている。インターネットはバーチャルなもので、現実的物質、物体つまりアナログ的なものをデジタル化したもの、つまり「記号」による「こと」を閲覧者に発信し、また、閲覧した人間がリアルな「もの」に転換しようとする作用があるものである。「もの」は眼で物体を確認できるものであるが「こと」は主観的なものであり、「こと」の真偽は眼で確認できない。インターネットは不安定な自己の状態の人々を「もの」の世界へ移動させようとする。例えば、他人のブログを見てイベント等に出かけた話題を読んだとする。そして、自分自身も参加したくなり実際に行動をおこすことは、バーチャルがリアルに変化した事になる。また、商品が人気女優を広告塔としたネット通販で売られていて気になるとしよう。商品の効能が分からない為、口コミ情報や購入者の感想をネットで参考にし、購入することは「コト」が「モノ」になった事を意味する。インタ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。