商法 分冊1 S30200 商業登記はどのような機能を有する制度か

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数61
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。丸写しはせず、参考程度に閲覧ください。
    商業登記はどのような機能を有する制度か。その機能を発揮させるために法はどのように規律しているか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     商業登記はどのような機能を有する制度か、
    また、その機能を発揮させるために法はどのように規律しているかを述べる。
     商業登記簿には、商号、未成年、後見人、支配人、合名会社、合資会社、株式会社、有限会社、外国会社がある(商登6条)。
     いかなる事項が登記すべき事項であるかは、
    商法及び会社法に規定されているが、そのほか補充的に手続法である商業登記法にも規定されている。これらの登記事項は、一般公衆の登記に対する利益と企業の秘密保持との利益の調和の上から認められたものといえる。
    企業取引において、取引相手に関する事前の信用調査を欠かすことはできない。企業の組織や営業の内容に関する一定の事項が開示され、他方の当事者や利害関係人などが自由にその情報に接しうる制度があるならば、その内容を知らなかったことから生じる不足の損害を回避することができる。一方、開示する企業にとっても、一定の事項を開示することにより、信用を保持することが可能になり、また取引の都度、個別的に説明する必要もなくなる。このように企業取引の安全性と迅速性に貢献する為に、相互に企業の一定情報について開示しあう制度が商業登記制度である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。