商業政策 分冊2 H27~H28年度 S31000 サービスと地域振興について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数70
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    サービス化と地域振興について説明しなさい。合格レポート。丸写しせず参考のみでお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地元経済のサービス化は、人を呼び込む戦略である。地元消費を囲いこむ事で、地域を豊かにする事ができる。地域経済のサービス化とは第三次産業と言われるサービス業の比重を高めることである。今ある産業、農林水産業、製造業にサービス要素を付加価値として取り込んでいくことである。農林漁業においても、ただ、農産物を市場出荷するだけでなく、直売、レストラン、宿泊、観光農園などのサービス業と組み合わせることによって、より大きな経済効果を地元にもたらすことができる。地元がもっている、自然、文化、人などの資源を見直し、どんなサービスが求められているか、どんなサービスが可能かを検討することである。地元経済にサービス業を取り込んでいくことはダイレクト・マーケティングの振興でもある。農産物を例にとれば、直接、卸売市場に出荷されていたものを、できるだけ地元で加工、販売することである。また、卸売市場に出さず、直売に取り組む農家も増えている。農家のダイレクト・マーケティングは急増している。販売の仕方も常設型の農作物直売所や、庭先販売、道の駅販売、宅配便や朝市・夕市などの定期市など多彩に展開されている。農作物の直売は、農家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。