商業政策 分冊1 H27~H28 年度 S31000 物流概念の変遷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数64
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    物流概念の変遷について説明しないさい。
    丸写しせず、参考程度でおねがいします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の流通においては、商流と物流を同時に行う「商物一致」が一般的であった。つまり、取引流通の拠点が同時に商品倉庫を持ち物流業務を行っていた。しかし近年は流通近代化により、商流と物流の分離つまり「商物分離」に向かっている。これは取引流通経路から物流施設等の物流に係る機能を切り離して物流拠点を設置して、数か所の取引流通拠点の物流業務を集中的に行うものである。商物分離することによって、流通拠点、営業拠点の専門化による能率向上と、物流拠点の郊外集中による配送等効率化と規模の利益の追求が可能となる。また、現在では商流物流に情報流通を加えるのが一般的である。「貨物自動車運送事業法」は国内物流の主役となっているトラック輸送事業について定めたものである。同法では、「経済的規制」が緩和され、新規参入が「免許制」から「許可制」へ変更になり、「一般路線貨物自動車運輸事業」と「一般区域貨物自動車輸送事業」が「一般貨物自動車運送事業」に一本化され、運賃、料金が認可制から事前届け出制へ変更になった。運輸省をはじめとする物流業のサービス対象は、かつては事業者と事業者の間を結ぶだけのインダストリアル(生産財)・ユース..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。