商学総論 平成27~28年度 日大通信 商学総論 分冊2 (S20100)消費生活協同組合について説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数107
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    平成27~28年度 日大通信 商学総論 分冊1(S20100)
    合格レポート
    日大通信、商学総論・分冊2(科目コードS20100)の合格リポートです。 よくまとまっているとの講評でした。
    丸写しはせず、参考のみでお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     消費生活協同組合について説明する。
    消費生活協同組合は、協同組合の一種であり、
    小規模事業者が自己の経済に直接的な便益を与えることを目的に、互助協同の思想実現の為に、自発的に協力する組織である。その経営理念も、営利を目的とせず、消費者の経済的厚生の可及的増大においた点で、他の資本制的小売り商業の組織体とは異なり、いわば、出資者、管理者、利用者が三位一体となった共同組織体である。
    協同組合の前身は、明治33年に制定された中小商工業者の為の組織法としての、「産業組合法」を基盤とし、事業の中心は信用組合におかれていたが、農産物の共同出荷、肥料、農機具等の共同購入を事業とする販売組合、
    購買組合の設置に向けられ、政府の積極的な指導と助成のもとに著しい発展をした。
    消費生活協同組合は、産業革命を達成し、典型的な労働者を生み出したイギリスで形成されたが、初期の生活協同組合店舗は、1794年にモンジウエルに設けられた食料品店だといわれている。近代的な消費生活組合の始祖は、周知のように、1844年12月にマンチェスターに近い商工業都市ロッチデールのトレードインの裏通りにできた「ロッチデール平衡開拓者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。