商学総論 平成27~28年度 日大通信 商学総論 分冊1(S20100)わが国における流通機能分析の展開について説明し

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数157
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成27~28年度 日大通信 商学総論 分冊1(S20100)
    合格レポート
    日大通信、商学総論・分冊1(科目コードS20100)の合格リポートです。 よくまとまっているとの講評でした。
    丸写しはせず、参考のみでお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     流通機能分析の展開について説明する。
    流通機能(マーケティング機能)とは、生産者と消費者、あるいは供給者と需要者とを、商品を通して社会的、人格的に統一する経済的機能であり、必ず遂行されなければならない社会経済的な機能である。流通の社会経済的機能は、市場経済の初期の段階では、生産者もしくは消費者によって分担的に遂行され、また複雑な段階では流通機関、流通組織によって担当される事から、流通機能は、流通組織の遂行する社会経済的機能であると理解することもできる。わが国では、商品の流通に関する研究が「配給論」として形成されたことと関連して、流通機能=マーケティングに関する分析的研究も、「配給機能分析」として取り上げられてきた。ここで、配給機能に関するわが国の主要な研究者の分析結果について概観こととする。
    向井鹿松博士の機能分析
    向井博士は配給機能に関する問題をわが国で最初に学問的にとりあげた学者で、配給を「一つの財貨を一つの所有者より他の所有者に移転せしむる労働其の物を云う言葉である」と規定した。配給の本質的要素は、生産消費間に存在する経済的懸隔を除去するために行われる連絡行為であって、精神的、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。