学校教育職入門レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数24
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べなさい。

    テキストのどの部分をでまとめているかを記入しているので、参考にして頂きやすいかと思います。
    評価はA判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べなさい。
    まず教職の歴史を調べ、次に文部科学省が、教員に求められる基本的な資質能力としてあげている「いつの時代も教員に求められる資質能力」、それに加えて必要な資質に位置づけている「今後特に求められる資質能力」の二点をテキストに基づき考察したい。そして、最後に私のなりたい教師像について述べる。
    ≪教職の歴史≫(テキストP.10)
    日本において教員養成の本格的な動きは、1872年の師範学校設置に始まる。1886年には師範学校出身の教師が登場し、その社会的使命は、天皇制国家の忠良な臣民育成にあった。国家、天皇のための教育という目的から天職性が強調され、教師聖職論が支配的となる。また、教師に求められる資質は、政治的に中立であり、子供に道徳的感化を与えうる人格である。ここで、道徳的感化とは「順良、親愛、威重」、従順であり友情に厚く、威儀を重視することを意味する。 戦後になると、民主主義、資本主義の発展と共に、労働者の高い自主的成長が重視される。この流れを受けて、1947年に日本教職員組合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。