教育方法学1(レポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数59
ダウンロード数4
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。

    テキストのみでまとめているので、参考にして頂きやすいかと思います。
    評価はA判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。  
    教育は常に過渡期にある。現代社会は「情報社会」、「生涯学習社会」ともいわれインターネット等の情報通信技術の発達によって、これまでの社会構造から激変している。時間や場所を自由に選択して学ぶことが可能となり、教育の目的、目標は常に社会背景に翻弄されている。「学ぶ力」を育成し、学習者の「主体的な学習」の重要性が増している。
    本論ではまず授業設計について述べ、指導形態、学習形態ごとに授業内容の比較と留意点を考察する。次に評価の特徴を比較し留意点を述べる。
    ≪授業設計の比較と留意点≫
    「教えやすさ」は指導形態を「学びやすさ」は学習形態を考えたもので授業の主役を指導者か、学習者のどちらに置くかで重視する形態は異なる。「指導形態」「学習形態」どちらのスタンスで設計したかは、授業を設計する時の「教授方略」や「環境」「活動」をどのようなものを選択しているかでわかる。どちらにしても授業のねらいは学習者が成果を手に入れるた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。