01乳児保育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数33
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価のレポです。参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題第一設題
    乳幼児の発達過程は月年齢によっていくつかに分類することができる。ただし、この分類は子どもの発達の基準ではなく、あくまでこどもの発達の過程であると考えるべきである。子ども発達は、子ども一人一人の育ってきた環境や様々な要因によって異なり、長期間保育所に溶け込むことができない子どもや、生活する上で課題がある子どももいる。重要なのは保育士がそれを援助し支え、子どもたちが安心できる環境を構成していくことである。
    おおむね6か月未満の運動機能の発達として、首がすわり、手足の動きが活発になり、腹ばいやうつ伏せ、寝返りをするようになる。また、誰にでも笑いかけていたのが家族や知人など、親しい人間に向かって笑顔を向けるようになる。この時期、喃語も発するようになり、周囲の親しい人間に向かって意思、欲求を表現し、それに応えてくれた人間に対して愛着関係を築くようになる。
    おおむね6カ月から1歳3カ月までの発達として、腹ばいからずり這い、はいはい、お座り、つかまり立ちと運動機能の大きな発達が見られる。移動範囲が増えることにより、周りの物や人に興味を持ち、好奇心旺盛に動き回るようになる半面、人見知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。