Q0708宗教学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数88
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    宗教佛教大学合格

    代表キーワード

    佛教大学宗教学Q0708

    資料紹介

    2016年度提出資料です。
    評価はBですが、指定教科書を忠実に記入してあります。
    また、自分の考えやトーテミズムをプラスすると評価アップにつながります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「宗教」とは「宗」「教」の二文から成っている。古代中国において宗とは祖先の霊はその親族や親族の生活になんらかの形で影響を与える信仰であると考えられており、祖先の霊に献げものをすることは、尊い事柄であると考えられて「尊い趣旨」という意味の語となった。日本においては宗教の語はとして明治以後に用いられるようになった。明治時代までは宗教の語を用いられることはほとんどなかった。宗教の語が一般に広く用いられ出したのは、明治14、15年になって「宗教」の語が広まったからだといわれる。一般に宗教の語は、寺院や教会などの宗教集団及びそれらとの所属関係の意味に用いられ、宗教書における教養や教説すなわち教義や祭祀や儀礼の意味に用いられる場合もある。「宗教的」という場合には、必ずしも寺や教義や祭祀の意味に限定されない、漠然と深心深いという広義の語として用いられている。
     宗教を定義したものは宗教学に買数多くある。宗教学は西洋で成立した。西洋語には宗教学について幾つかの用語がある。それは宗教や宗教的な事柄を研究するすべての学問領域を含んだ宗教学の広い範囲を表す語である。宗教学には四分野がある。1つ目は、「神学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。