2014年度~明星大学通信 PB2160 初等教育方法学1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数214
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 PB2160 初等教育方法学1単位目
    合格レポートです

    1.系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    2.次の語について、それぞれ調べなさい。
    (1)情報活用能力 (2)絶対評価 (3)生きる力

    2つ目の課題は、参考文献も探して調べました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB2160 初等教育方法学 1単位目
    系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    次の語について、それぞれ調べなさい。
    情報活用能力 (2)絶対評価 (3)生きる力
    1:系統学習は、教科内容の科学性や系統性を重視し、知識や技能を系統的に順序良く教授し、的確に習得させることを目指している。長所は、短時間に大人数の学習者に共通の学力や知識を育成することができるので、同年齢の学習者を集めた学校などの一斉学習に適している点である。また、教材の配列が系統的に教科書などにより示されており、教師側が題材を選択する必要もなく、教師の負担を軽減できる点もある。短所は、単なる詰め込みの注入主義に陥り、学習者の思考や個性を育てない点である。
     問題解決学習は、学習者の興味や関心を引き起こす学習上の課題を問題として設定し、その問題を学習者の主体的な活動によって解決に導くという方法である。長所は、学習者に生きて働く知識や認識を深化させ、社会を変革するような力を育成することが可能になる点にある。まず学習者が諸問題を認識し、それを解決するための課程で多種多様な推測や思考を繰り返し、主体的に学習..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。