保育原理 設題1(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数212
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    保育の意義と保育の目的・目標について説明しなさい。 

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育とは、個性的、社会的、文化的な存在として豊かに育ていくために必要となる子どもと保護者・保育者等との相互の営みであるとされている。この保育には保育所や幼稚園などの「集団施設保育」と家庭における「家庭保育」がある。本稿では、前者の集団施設保育について述べる。
    乳幼児の社会的な子育てについて、児童憲章では1つ目に「児童は、人として尊ばれる」2つ目に、「児童は、社会の一員として重んぜられる」3つ目に、「児童は、よい環境のなかで育てられる」とされている。つまり、社会的に子どもは「最善の利益」が保障されているといえる。この子どもにとっての最善の利益とは、子どもの健全な心身の発達を図るため養護及び教育を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。