発達心理学 設題2(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数151
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    ピアジェの認知発達段階について説明してください。     

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スイスの心理学者ピアジェは子どもの言語や世界観、因果関係、数量や時間の認識など、さまざまな認知発達の研究を行い、子どもの思考の発達理論を立てた。ピアジェの基本的な考えは、人は「同化」と「調節」くり返すことにより、それまでの枠組み(シェマ)を適応的に変化させ外界を理解していくと説明している。シェマとは、人が持っている概念や動きなどの構造である。また、同化とは外界をすでにつくられたシェマに取り入れようとすることであり、調節とは外界の状況に応じてシェマを調整することである。ピアジェは、4つの質的に異なる段階を経て思考が発達していくと考えている。
     認知発達の1つ目は「感覚運動期」である。これは誕生か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。