発達心理学 設題1(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数211
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    発達心理学とは何か、発達心理学を学ぶ意義についてまとめ、あなたは発達心理学で得た知見をどのように活用したいと考えているか、私見をまとめてください。

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに、人間とは受精の瞬間から死に至る一生まで変化の連続である。その変化のことを心理学では発達と呼んでいる。変化にはさまざまある。例えば、身長が伸びることや体重が増えることといった量的変化もあれば、寝ることしかできなかった赤ちゃんが座る、立つ、歩くといった行動ができるようになる質的変化もある。精神面でも同じで、3桁の数字しか記憶できなかった子どもが5桁まで記憶できるようになるのは量的変化であり、論理的思考ができるようになる、抽象的思考ができるようになるといったことは質的変化である。しかし、発達には大きくなることやできるようになるというような上昇的変化ばかりではない。今まで出来ていたことができ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。