情報リテラシーと処理技術 設題1(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数123
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    インターネットの発展の経緯について、次の4つのキーワードを関連付けながら、1,500字程度でまとめてください。
    キーワード:ARPANET、WWW、検索エンジン、SNS

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代社会ではパソコンの普及に伴ってインターネットも普及している。そのため、生活環境や仕事の中でもインターネットを活用したサービスや業務が多くなっている。
    このインターネットの歴史は、1969年米国国防総省により軍事目的としてARPANETを開発し、これがインターネットの原点となった。ARPANETは米国内の4カ所の大学と研究機関を世界初のパケット交換方式で接続した。1970年には、通信規約であるTCP/TPが開発され、これに移行することで全世界へインターネットが普及し始めた。1986年にはNSFNETが開発され、ARPANETと相互接続を行うことで軍事目的から研究目的にも利用され始めた。しか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。