社会福祉論 設題2(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数122
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    生活保護の原理と原則について簡潔に説明しなさい。

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本では日本国憲法第25条1項に基づき「すべて国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する」としており、国民の生存権は保障されている。そのため、この日本国憲法の理念に則り1950年に生活保護法が制定された。生活保護法第1条は「国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」とし、法的にも国民の生存権を保障している。そのため、生活保護法の大きな目的として「最低限度の生活保障」と「自立助長」が挙げられる。この目的を達成するため生活保護法には基本原理と基本原則がある。基本原理は生活保護法の目的や仕組..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。