子ども学概論 設題1(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数141
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    「こども」とは何か、どういった存在なのか
    「こども学」とはどのような学問か考えを述べて下さい。

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育者にとって子どもとは常に関わる存在であり、子どもの最善の利益を考えて養護と教育を行わなければならない。しかし、子どもを一人の人間として基本的人権を保障され始めたのは近年になってからである。中世のヨーロッパでは子どもに対して「小さい大人」や「十分に働くことのできない、劣った存在」という見方をされており、子どもの権利について無頓着であった。日本でも江戸時代には労働力の供給などを目的として子どもを誘拐し人身売買による強制労働が多く行われていた。また、子どもは親の所有物として当時は考えられており、親が子どもを売るということが日常茶飯事で起きていた。そのため、子どもは大人の所有物であり、一人の人間と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。