家庭支援論 設題1(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数140
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    子どもの発達段階を中心に子育て家庭の状況についてまとめ、最後に家庭支援の意義について述べてください。

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子育てにおいて、子どもの発達段階に応じた家庭支援が重要になってくる。
     胎児期では胎内環境による心身の基礎構築が行われる。視覚器官や聴覚器官などが形成され、感覚器官の発達によって周りの言葉や感情に反応する。そのため、胎内にいる時から母親を通して外界の影響を受けるのである。この時期の家庭支援として、新しい命の誕生を喜ぶと共に子育てするイメージをつくるなど、親になる心構えが大切となってくる。また、家族は母親の背中をさすったり、温かい言葉をかけることで心の安定などが図ることが大切である。
     新生児期では安心できる親子関係の構築が行われる。親は赤ちゃんを見ると、自然とかわいらしいと思う気持ちがわいて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。