家庭援助論 設題1(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数93
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    「家族」と「家庭」と「世帯」の定義についてまとめ、最後に「家族」と「家庭」両者の違いについて述べてください。

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私達は日常の中で「家族」や「家庭」、「世帯」といった言葉を多く使っている。この「家族」と「家庭」と「世帯」の意味を同じ意味と考えている場合が多い。しかし、この3つは意味が大きく異なっている
     家族とは、「夫婦・親子・兄弟など少数の近親者を主要な成員とし、成員相互の深い感情的関わりあいで結ばれた、幸福追求の集団である」とされている。「近親者」とは、血のつながりの近い人や配偶者のことを示す。1930年代の家族は「夫婦および親子関係にある者を中心とする比較的少数の近親者が緊密に融合する共産的共同である」と定義されてきたが、近年では多様な家族形態になってきたため時代や社会の変動に伴って変化している。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。