こどもと音楽 設題1(豊岡短期大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数184
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    豊岡短期大学通信教育部

    ★課題★
    保育の場における音楽の担う役割について最も重要であると思われるものを3項目挙げ、それについて分かりやすく事例を挙げながら具体的に考察してください。

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保育の現場では音楽を活用して、挨拶や演技、運動などを行っている。具体的には、帰りの会で音楽に合わせて挨拶を行ったり、発表会などで音楽に合わせて演技したり、リトミックで歌ったり踊ったりしている。これは、単に子どもと遊ぶためや注目させるためだけに行っているわけではない。幼児教育に音楽を使用することは子どもにとって大切な役割を担っている。この役割とは大きく分けて「表現」と「人間関係」と「発達」の3つに分けられる。
     1つ目の表現は、音楽を聴くことで子どもの内的な感情を揺さぶり、外的に表現をしたくなる欲求がうまれ、この欲求を満たすために大きい声で歌ったり、体を動かしたりして自由に身体表現を行うことで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。