【佛教大学】【レポート】2016年 西洋文学史設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数78
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 P6509 西洋文学史設題2
    絶対王政が崩壊した18世紀の文学から20世紀の文学まで、フランス文学の発展について述べなさい。

    評価A 要点をつかんでよくかけてます

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    絶対王政が崩壊した18世紀の文学から20世紀の文学まで、フランス文学の発展について述べなさい。
     テキスト第4章から第6章を読んで。
     18世紀は、前世紀の絶対王政下で安定した社会に支えられていた古典主義の支配が崩れ価値観が揺れ動く時代である。
     この時代の文学の流れは大きく三つに分けられる。一つは前代の古典主義が衰弱しながら形骸化した擬古典主義である。第二は古典主義時代の理性尊重の精神が拡大した啓蒙主義文学である。第三は、次の時代ロマン主義の先駆、感性を大事にする文学である。
     法律学者モンテスキュー(1689-1755)の主著『法の精神』(1747)は、様々な国の法を比較検討し法のあり方について述べた本である。モンテスキューが法の根拠を神ではなく、人間に置いているのが注目すべき点である。
     ヴォルテール(1694-1778)の生涯は18世紀全体にまたがり、思想的発展は18世紀フランス民衆の考え方と同じ歩みを見せた。著作は多岐にわたり、劇作品『ザイール』(1732)、『メロップ』(1743)は擬古典主義の劇である。小説『カンディード』(1759)、『ザディーグ』(1748)は18世紀..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。