子ども学概論 設題2 近大姫路大学

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数8
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。
    カウンセリングマインドを効果的に活用する際、大切な基本条件として「保留」「受容」「理解」「共感」「伝えること」などの基本条件が挙げられるが、「心が通い合う対人関係」を豊かにするためには、どういった配慮が必要か。基本条件を挙げながら、子どもへの教育的助力に活用できる観点を織り交ぜながら論述せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2 カウンセリングマインドを効果的に活用する際、大切な基本条件として「保留」「受容」「理解」「共感」「伝えること」などの基本条件が挙げられるが、「心が通い合う対人関係」を豊かにするためには、どういった配慮が必要か。基本条件を挙げながら、子どもへの教育的助力に活用できる観点を織り交ぜながら論述せよ。
     カウンセリングマインドとは、カウンセリング的に人と関わろうとする人が持つべき態度、考えや心構えであり、日本人が作った和製英語である。カウンセリングマインドは、カウンセリング技法を用いて具現化することができる。
     まず一つ目が、「保留」である。子どもの問題を知った親は、子どもの話を聞く前に自分の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。