生活指導・進路指導の研究(初等)   第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数42
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0532 生活指導・進路指導の研究(初等) 第1設題 のレポートです。
    A判定頂きました。
    レポート作成時の参考にして頂ければと思います。

    設題
    「小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなけ
    ればならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明して下さ
    い。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0532 生活指導・進路指導の研究(初等) 第1設題
    (1)
    「小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなけ
    ればならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明して下さ
    い。」
    まず、教育相談とは「一人ひとりの児童・生徒の教育上の諸問題につ
    いて、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助
    言指導することであり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することに
    よって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助をはかるもので
    ある。」とあるが、そこには教師自身が全ての子どもたちを一人ひとり理
    解する姿勢が必要不可欠である。教師は、児童の悩みに対して自身の経
    験だけを頼りに、一方的にこうするべきだと意見を押し付けることは避
    けるべきであることなど、教育相談を行う上で注意すべき点がある。近
    年、学校ではさまざまな問題が数多く挙げられるが、その中のいじめを
    例に注意すべき点を述べたい。
    いじめとは、ある特定の人物に対して執拗に 暴力をふるったり、無視
    したりすることだが、いじめ自体は昔からあったものである。最近のい
    じめの特徴は集団で行う傾向があり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。