日大通信:政治学メディア授業MA合格 議会政治の原理と現実 前期レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数89
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部の政治学のメディア授業テストレポートです。MAの範囲です。もちろん、合格したMAテストレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    議会政治の原理と現実
    議会政治は、市民から選挙により選出された議員(代議士)により議会が開かれ、国家の最高機関である議会で、立法行為を行う。議員は、市民の代表者であり、議会で行われることは市民の利益として還元されなければならない。代表者である議員は、選出された選挙区の地域代表ではなく、その国家の国民全体の代表者でなければならない。また、審議は、公開の議場で充分な審議を行い、多数決で議会の意思を示さなければならない。ちなみに、議員に対する政党の拘束力が強い形態を、パーティー・ボートといい、反対に弱い形態をクロス・ボートという。
     立法権を有する議会は、行政権を持つ行政府を行政監督する。議会は、三つの権限を有する。内閣不信任決議権と弾劾裁判権、国政調査権である。内閣不信任決議権とは、行政権を有する行政府への不信任を決議する権限である。弾劾裁判権とは、大統領や大臣、または裁判官の非行に関し、議会の訴追により罷免または、処罰する権限をいう。国政調査権とは、各議院が憲法上の権限を実行的に行使するために、国政に関して調査を行う権限をいう。
    議会政治の議会は、一院制と両院性がある。一院制の根拠は、国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。