S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等) 第1設題 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数116
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信のS0532生徒指導・進路指導の研究(初等)のレポートです。
    2016年度に提出し、A合格済みです。

    設題は、「小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。」です。

    レポート作成の参考にしてください。
    教科書の引用の箇所も書いているのでわかりやすいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなけれ
    ばならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してくださ
    い。
    学校教育は、社会の移り変わりと共に常に変化している。また、その
    時代ごとに子供たちを取り巻く環境は違っており、問題もさまざまであ
    る。今日、不登校やいじめや校内暴力や学級崩壊だけでなく、家庭や学
    習に対する課題を抱える子どもが多くいる。また、ストレスがたまって
    いる子どもも少なくなく、ストレスが溜まっている子供ほど問題行動を
    起こす可能性が高い。それら多様な問題に対応するため、学校の教職員
    や保護者や地域が協力をしてチームを作り、子どもの生活への適応と人
    格の成長を目的とした、教育相談をすることが必要不可欠となっている。
    今回は、小学校においての教育相談とその注意点、不登校に着目して論
    じる。
    まず始めに、教育相談の定義であるが、
    教育相談(educational counseling )とは,一人ひとりの児童・
    生徒の教育上の諸問題について,本人またはその親,教師などに,
    その望ましいあり方について助言指導することであり,個人の も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。