聖徳大学「子どもの保健Ⅰ」課題1~4 全セット 合格 評価S・A・A・S

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数43
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    4つの課題レポートをまとめて販売します。
    第一課題「私たち大人が、赤ちゃんを見て可愛いと思う理由を二つ(①形態から②人間関係から)あげて説明して下さい」
    第二課題「次の2題について述べなさい。①赤ちゃんが、一人で立つのに一年もかかる理由と人見知り(8か月不安)がおきる理由を脳科学から簡単に説明してください。②ピアジェに基づく遊びの発達4つについて述べて下さい」
    第三課題「子どもを感染症から守るための①標準的感染予防対策②感染経路(空気感染、飛沫感染、接触感染)別の感染症対策について述べて下さい。」
    第四課題「次の2題について述べなさい。①子どもの発達と事故との関連を対比させて述べて下さい。②児童虐待の4つの種類について説明してください。」
    についてのレポートです。文末には返却時の講評も記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            第1課題 第1設題
     人間の赤ちゃんは、生まれた時は非力で何もできず、生後1年でやっと高等哺乳動物の生まれた時と同じ状態になる。ポルトマンはこれを生理的早産と呼んだ。ヒト属の旧人類は霊長類と異なり、安全な木の上での生活を捨て、二足歩行で生きるようになった。二本足で生活するようになると、前の二本の足は自由に使える手と変化し、道具を使えるようになった。そのうちに、脳を使うようになった。大脳が大きくなれば、頭も大きくなる。しかし、二足歩行により骨盤が大きくなった結果、母体の産道は狭くなった。赤ん坊の大脳が子宮の中で十分に成長してしまうと、産道を通って体外に出られなくなってしまうので、身体や頭が成熟しきらないうちに出産するようになったのである。
     生理的早産によって未熟な状態で生まれた赤ちゃんは、自立するまでに時間がかかり、その間は親や保護者に多くを依存しなければならない。このために子どもは、安全かつ確実に養育してもらうため、形態的に、また人間関係を通じて可愛いと認識させようとする。
     動物行動学者コンラッド=ローレンツは、ヒトだけでなくイヌやトリなど多くの生物に共通する赤ちゃ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。