児童文化1試験対策メモ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数65
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学「児童文化Ⅰ」の試験対策用にまとめたノートです。参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ①幼児を対象とした「人形劇」の台本を作成する際、留意する事は何か答えなさい。
    人形劇の脚本は人形劇を見せることによって伝えたいことを、どのようなできごとを通して、どのような言葉や動きで表現するのか、ということを基本として作られる。人形劇ではセリフも大事だが、人形の動きでどう見せるか、ということが大きな特徴になる。動きで表現できるところは、できるだけ動きで表現する。動きで表現できないところはセリフで補う、というつもりで書かれた脚本が、人形劇として楽しい生き生きとしたものになる。また、昔話にある残酷性をどう扱うかという問題があるが、原話が本来持っている面白さを損ねないように、人形劇の作品として脚色する際には慎重に扱う必要がある。
    ②幼児を対象とした「人形劇」を演じる際、留意する事は何か答えなさい。
    人形劇は、人形(何かに見えるような「もの」)を動かして表現する。まずは、観客に人形が見えていなければ話にならない。そして、どう見えているかが大事である。力み過ぎて反ってしまいいつも天井を見ていたり、逆に注意が足りずにしたばかり向いていたりすることの無いようにする。普通に立っている時に、自然にまっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。