聖徳大学 「幼児理解・保育相談」 第1課題第3設題 評価B 合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数146
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「幼児理解をする際の配慮事項について述べよ」という課題に対するレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                   第1課題 第3設題
    幼児期にふさわしい教育を行うには、幼児一人一人に対する理解を深めることが大切である。また教育者は、幼児達が集団生活の中で周囲の環境と関わり、発達に必要な経験を自ら得られるよう、援助していかなければならない。そのために、教師は幼児と生活をともにしながら、その幼児が「何に興味を持っているのか」「何を実現しようとしているのか」「何を感じているのか」などをとらえ続けていかなければならない。幼児を理解することで、環境の構成や、幼児との関わりを適切に行えるのである。
    幼児理解をするにあたって、まず教師と幼児の間に温かい信頼関係を築くことが必要不可欠である。朝の挨拶や見守り、言葉を交わすといった日常の関わりを通して親和感を深め、心の繋がりを作ることによって、幼児はありのままの姿を見せることができる。その伸び伸びとした姿を温かく受け止め、幼児との生活を大切に考えていくことが、幼児理解の方法の基本である。
    また、一緒に遊ぶことも重要である。幼児がどのような遊びを展開するかを観察することで、その子の興味関心や発達の状況が把握できる。友達との関わりを観察すれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。