精神科デイケアが、精神障害者のリカバリーに果たす役割について(考察)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数63
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大阪市東淀川区にある福祉専門学校のレポートで、A評価を頂きました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科医療機関におけるデイケアは、外来治療の一形態として診察と併用して実施されるリハビリテーションプログラムである。そこで本論では、精神科デイケアが、精神障害者のリカバリーに果たす役割について考察していくことにする。
    精神科デイケアは、患者1人当たり1日6時間を標準にミーティングや創作活動、スポーツやレクリェーションなど、集団を活用したプログラムが組入れられている、外来治療の一形態である。精神科デイケアのスタッフは医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理技術者等がチームを組んで行うのが一般的である。
    さて、精神障害者が精神科デイケアを利用する効果であるが、仲間体験と個別化、メンバー間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。