障害調整生存年の説明、精神疾患による疾病負担が持つ社会的影響について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数83
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大阪市東淀川区にある福祉専門学校のレポートで、A評価を頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年の国際的な疫学研究により、精神疾患が人類の健康・生活・生命に甚大な影響を与え、
    膨大な社会的経済損失をもたらしている事が分かった。そこで本論では、障害調整生存年から精神疾患による疾病負担がもつ社会的影響について考察することにする。
    障害調整生存年(disability-adjusted life year以下DALY )とは、病的状態、障害、早死により失われた年数を意味した疾病負荷を総合的に示すものであり、YLL(Years of Life Lost:損失生存年数)とYLD(Years Lost due to Disability:障害生存年数)の合計で表される。元来はハーバード大学により..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。