統合失調症の特徴と治療のポイントについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数94
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大阪市東淀川区にある福祉専門学校のレポートで、B+評価を頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    統合失調症は10代後半から20代前半に発症する、原因不明の脳の疾患である。以前は、
    スイスのブロイラーが1911年に提唱した『精神分裂病』が病名であったが、2002年に日本精神神経学会が『統合失調症』と改名した。
    そこで本論では、統合失調症の特徴と治療のポイントについてまとめることにする。
     統合失調症に見られる一般的な特徴は、①幻覚、妄想、自我障害などの陽性症状と、感情鈍麻、意欲低下などの陰性症状である。生涯有病率は0.7~0.8%で男女差はない。発生原因として、脆弱性-ストレスモデル、神経発達障害仮設、ドーパミン過剰仮設が考えられているが、結局のところ、②神経障害の異常や固体の脆弱性、スト..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。