インフォーマルな社会資源の役割と活用するにあたっての留意点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数96
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大阪市東淀川区にある福祉専門学校のレポートで、B+評価を頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    インフォーマルな社会資源とはどのようなものなのか。最も身近な存在として家族等が挙げられる。彼らの支援は当事者を理解してのソーシャルサポートが可能であり、当事者や当事者に近い立場で、本質的な課題やニーズを見出す役割を果たす事になる。本論ではインフォーマルな社会資源の役割と、活用する際の留意点を記述していくことにする。
    インフォーマルな社会資源として家族、セルフヘルプグループ、ピアサポーター、ボランティア、認知サポーターが挙げられるが、この中で、特に家族が一番身近なインフォーマルな社会資源と言える。①全国精神障害者家族会連合会(全家連)が1994年に実施した調査によると、「家族は大切な援助者であり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。