精神保健福祉援助におけるソーシャルインクルージョンについて(具体的に検討)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数85
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大阪市東淀川区にある福祉専門学校のレポートで、B評価を頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルインクルージョンとは、従来の福祉サービスでは援護が十分ではない、社会的に孤立・疎外・排除された人々を、社会の構成員として包み支え合うという理念である
    本論では、精神保健福祉援助実践でのソーシャルインクルージョンを具体的に検討する。
     まず、具体的検討に入る前に、精神保健福祉士に求められる役割を記述する事にする。①医療機関におけるチームの一員として、治療中の精神障害者に対する援助を行う。②長期在院患者を中心とした精神障害者の地域移行を支援・定着させる。③精神障害者が地域で安心して暮らせるように相談に応じ、必要なサービスの使用を支援するなど、地域生活の維持・継続を支援し、生活の質を高める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。