児童虐待が子どもに及ぼす影響と具体的な援助方法について。(評価:優)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数120
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ・児童虐待の発生と影響
    (虐待の発生要因、虐待が子どもに及ぼす影響、虐待の要因に対する解決法)
    ・児童虐待をめぐる具体的な実践課題
    (虐待を発見する重要なポイント、虐待に対する具体的援助)

    についてまとめたレポートです。

    本文2,940字(評価:優)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『児童虐待が子どもに及ぼす影響と具体的な援助方法について。』
    児童虐待の発生と影響
    (1)児童虐待の発生要因(リスク要因)
    児童虐待の発生は、一般的に以下の要因が揃ったときだと言われている。
    ・親の要因
    ・子どもの要因
    ・家庭基盤の要因
    ・社会的な孤立
    近年は、母親のみに圧し掛かる育児の負担や、子育てと仕事の両立の困難などが、虐待が起きる大きな要因であると考えられている。また、高階層よりも低階層での虐待、夫婦家族世帯よりも母子世帯での虐待、健常児よりも障害児への虐待が多いという傾向がある(※あくまで傾向性に過ぎない)。
    虐待問題と向き合っていく福祉従事者には、危険度のある家庭を積極的にサポートしていくリスクアセスメントの姿勢が求められる。
       なお、子どもに虐待を加える親達には以下のような特徴があげられる。
      ①社会的に孤立していることが多い。
      ②親が虐待を認めることはほとんどない。
      ③親がストレスを抱えて生活している。
      ④自己評価サイクルの低下が見られる(虐待する親は自己嫌悪感を持っており、自らに似ている子どもに対して虐待することで、再び自己嫌悪感に苛まれる)。つまり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。