中央大学法学部通信教育課程 民法3(債権総論) 2017年度第4課題 合格レポート 評価B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数331
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学法学部通信教育課程 民法3(債権総論) 2017年度第4課題 合格レポートです。2015年度の同課題文にてB評価で合格したレポートに、添削を反映したものになります。
    【課題文】Bが自己所有の不動産をAに賃貸していたが、ある時、Cが当該不動産を不法占拠するに至った。この場合にAがCに対して明渡しを求める法的構成として、①占有訴権、②債権者代位権、③妨害排除請求権のいずれかで、差異が生じるか否か(生じるとすればどのような差異が生じるか)を論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第4課題】
     Bが自己所有の不動産をAに賃貸していたが、ある時、Cが当該不動産を不法占拠するに至った。この場合にAがCに対して明渡しを求める法的構成として、①占有訴権、②債権者代位権、③妨害排除請求権のいずれかで、差異が生じるか否か(生じるとすればどのような差異が生じるか)を論じなさい。
    1.問題の所在
     本問において不動産賃借人のAは不法占拠者Cにより所有者Bに対して有する賃借権を侵害されている。不動産賃借権は債権である以上は非排他的・相対的権利であるが、債務者以外の第三者による侵害があった場合、債権者が第三者に対して妨害排除を請求できることは今日では争いがない。他方でどのような根拠・法的構成に基いて妨害排除請求をなし得るかについては見解に対立がある。
    2.学説・判例の検討
     この点、学説では主に以下の3説が主張されている。まず占有訴権説は、物権と債権の峻別を前提として賃借権そのものに基づく妨害排除請求を否定し、賃借権の保護は占有訴権によるべきであるとする見解である。続いて対抗力説は、賃借権が対抗力を備えた場合に妨害排除請求をも認める立場である。不動産賃借権における対抗力の本来的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。