中央大学法学部通信教育課程 行政法1 2016年度第1課題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数78
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学法学部通信教育課程 行政法1 2016年度第1課題 合格レポートです。評価はB判定でした。行政不服審査法については平成26年改正法を中心に、一部旧法との比較を交えて解説しています。
    【課題文】行政行為の意義、効力とその根拠、効力を争う方法について、それを支える法制度と関連づけながら説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1課題】
    行政行為の意義、効力とその根拠、効力を争う方法について、それを支える法制度と関連づけながら説明しなさい。
    1.行政行為の意義
     行政行為とは、公権力の行使により行政と私人の法律関係を規律する法律行為の形式であり、意思の合致により私人間の法律関係を規律する契約と対照をなす学問上の概念である。実定法に明文規定はないが、判例は行政庁の処分につき「公権力の主体たる国または公共団体が行う行為のうち、その行為によって、直接国民の権利義務を形成しまたはその範囲を確定することが法律上認められているもの」と定義し(最判昭和39年10月29日民集18巻8号1809頁)、学説もこれを行政行為の定義と解している。
     行政庁の活動には様々な形式があるが、行政行為はまず国民の権利義務を決定する法的効果があることで、事実行為である行政指導等と区別される。そして、その効果が個人の権利義務に具体的に及ぶことで、一般的・抽象的事項を規律する行政立法等と区別される。さらに、行政庁の一方的判断によって権利義務関係を決定することで、相手方の同意を要する行政契約等と区別される。ただし、これらの区別は一応の目安にとど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。