中央大学法学部通信教育課程 社会学 2016年度第2課題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数67
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学法学部通信教育課程 社会学 2016年度第2課題です。B判定でした。【課題文】マルクス、デュルケム、ウェーバー、ジンメルの没後1世紀を経過してなお、この四人から「社会学」の教科書が始まることに疑問を持つ学者は少ない。①なぜこの四者はそれほど偉大な理論家だと見なされているのだろうか。②また、19世紀から20世紀初頭にかけて四者が直面した課題は、テキスト第7章以降に登場する20世紀後半の社会学者が抱える課題と、どのような異同があるだろうか。以上2点について、あなたの考察を展開しなさい。具体的な学説や著書、事件や事例を挙げながら論じること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題
    マルクス、デュルケム、ウェーバー、ジンメルの没後1世紀を経過してなお、この四人から「社会学」の教科書が始まることに疑問を持つ学者は少ない。①なぜこの四者はそれほど偉大な理論家だと見なされているのだろうか。②また、19世紀から20世紀初頭にかけて四者が直面した課題は、テキスト第7章以降に登場する20世紀後半の社会学者が抱える課題と、どのような異同があるだろうか。以上2点について、あなたの考察を展開しなさい。具体的な学説や著書、事件や事例を挙げながら論じること。
    ①アダム・スミスに始まる古典派経済学は、近代資本主義社会が分業による生産力の拡大と市場での等価交換を通じて社会全体の富の拡大をもたらすと考えた。これに異を唱えて資本主義の原理を明らかにし、それをいかに超越しうるかを構想した最初の人物こそがカール・マルクスである。マルクスの『資本論』によると、等価交換に見せかけた剰余価値の搾取が貧富の差の拡大をもたらし、さらには、利潤拡大を自己目的とする資本の自己増殖が社会と人々の生活との乖離、すなわち「疎外」を招くことを指摘した。このようなマルクスの考え方は、資本主義のもとで人間社会は経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。