第2章 修正

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数28
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第2章
    プライバシー権とは
    第2章 プライバシー権とは?
    第1節 はじめに
     日本国憲法が保障している人権規定は、我が国の歴史において国家権力によって侵害されることが多かった重要な権利や自由を列挙したものです。例えば、憲法14条の平等権の保障や15条3項による男女普通選挙の保障、19条の思想の自由の保障などは、戦前の日本では国家によって規制されていた権利のため、戦後特に重要な権利として、日本国憲法に列挙されています。このように我が国の憲法では、戦前の国家権力によって侵害されることが多かった権利や自由を列挙しています。
     しかしながら、日本は今年で戦後71年を迎える中、社会状況も戦後の日本から今日の情報化社会へと変化しています。そのような状況では、憲法起草当時では考えられないような新しい個人の権利や自由が出現し、憲法のどの条文を根拠にして保障し、またどこまでの内容を保障するかという問題が出てきました。
     このような社会変動に伴って、「新しい権利」の憲法上の権利としての根拠となる一般的かつ包括的な権利が、憲法13条前段の「個人の尊重」原理を受けた、13条後段の「生命、自由及び幸福追求権」(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。