精神保健福祉相談援助の基盤(専門) 合格判定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数78
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ:精神保健福祉分野で相談援助を行う上で連携する専門職の範囲と、連携を可能にする諸条件について述べなさい。
    精神保健福祉士短期養成の課題レポートです。約1,200字です。
    参考文献から引用している文章も少しあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉士養成講座レポート 「精神保健福祉相談援助の基盤(専門)」
    テーマ:精神保健福祉分野で相談援助を行う上で連携する専門職の範囲と、連携を可能に
    する諸条件について述べなさい。
    精神保健福祉分野では、保健・医療・福祉と幅広い領域でサービスが提供される。その
    中で、精神保健福祉士が専門性を活かし、役割を果たす為には、多職種との連携が欠かせ
    ない。
    精神保健福祉分野で相談援助を行う上で連携する専門職として、医療機関においては、
    医師、臨床心理士、看護師、保健師、作業療法士、薬剤師などがある。福祉関連の行政で
    は、福祉事務所のケースワーカー、児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。