64倫理学概論第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数17
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    カントにおける道徳と幸福の関係について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カントにおける道徳と幸福の関係について述べよ。
    イマヌエル・カントの倫理学は厳格な印象があり、幸福について論じたのではなく道徳や義務を論じたと言われるが、実は幸福とは何かを重視し、深く考えていたとされる。
    彼は貧しい市民の子に生まれ、父は馬具職人、母は信仰心の厚い人物であったが、その家庭に育ったことを感謝していた。彼は「母親について語るたびごとに、その胸が感動におののき、その目は輝き、そしてその一言一言には、母に対する子としての心からの敬慕の念があらわれていた」と伝えられるほど大変幸福な少年時代を送ったが、彼が13歳のときに母を、22歳のときに父を亡くしてしまう。20代、30代では知識欲旺盛に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。