56地理学第4課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数24
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ①世界の農牧業のうち、自給的農牧業、商業的農牧業、企業的農牧業を説明し、②世界の主要工業及び世界の工業地帯について述べなさい(この科目の教科書を用いること)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ①世界の農牧業のうち、自給的農牧業、商業的農牧業、企業的農牧業を説明し、②世界の主要工業及び世界の工業地帯について述べなさい(この科目の教科書を用いること)。
     世界の農牧業で、自給的農牧業は主にアジアやアフリカでの自家消費のためで、アフリカ中南部やラテンアメリカの熱帯地域などの森林地域ではバナナなどを栽培する焼畑の移動式農業が行われ、中央アジアから北アフリカの砂漠やステップ、北極海沿岸のツンドラやタイガの一部などの農業が不可能な地域では、ラクダなどの家畜による遊牧生活が営まれ、乾燥地域でも砂漠やステップ周辺では外来河川や山麓の遊水地の地下水路からの水により灌漑ができる場所では、ナツメヤシなどを栽培するオアシス農業が見られる。アジアでは畜力を使う農耕や灌漑が早くから発達し、狭い耕地に労働力を投入する稲作農業が行われている。商業的農業とは農産物販売を目的とし、工業発展で都市に人口が集中し農産物の需要が増大、その流通が盛んになり成立し、激しい販売競争により近代的農法の導入で発展した。地中海沿岸では羊などの飼育と夏季の乾燥と高温に耐えるブドウや冬小麦を栽培する地中海式農業が行われている。温..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。