49政治学原論第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数15
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    小選挙区と比例代表制の長短を述べた上で、もしどちらかを選ばなければならないとしたら、どちらを選ぶかについて論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小選挙区と比例代表制の長短を述べた上で、もしどちらかを選ばなければならないとしたら、どちらを選ぶかについて論じなさい。
    小選挙区制では有権者は投票の際に候補者名を記入する単記投票になる。当選者決定については選挙区の最多得票者になる相対多数か、1回の選挙では決められず何度も選挙を繰り返さなければならい絶対多数がある。小選挙区制の長所は選挙区が狭くなり候補者と選挙民との関係が密になる、同じ政党から複数の候補者を立てる必要がない、極端なイデオロギー対立がない、絶対多数党出現の可能性が高くなり、議会運営が効率的になることなどが挙げられる。短所は死票が多いこと、同じ政党から過多の当選者を出すこと、社会の多様な価値や利害を政治に反映できないこと、各小選挙区の有権者数と当選者数の割合である、いわゆる一票の格差を調節しなければならないことなどが挙げられる。小選挙区制が有効に機能するためには社会の同質性が強く、政策上の共通点がある二大政党制の勢力が拮抗している状態が望ましい。
    比例代表制とは各政党の得票数に比例して定員を配分する制度であり、候補者名記載の投票用紙に自分の選好順に番号を付け、設定された基..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。