47憲法第3課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数50
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    財産権の保障について論じてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    財産権の保障について論じてください。
    財産権とは経済的利益を目的とする権利で、自由権のなかの経済活動の自由のひとつで国家による経済活動への介入を原則的に排除し、国民が自由に経済活動を行うことを憲法第29条で保障している。財産権が保障されてきたことにより人々は生きる意欲を向上させ、より良い商品を開発、販売し、活発な競争を促して社会に豊かさをもたらしてきた。
    財産権は「公共の福祉」のためにより多くの制限を受ける。社会全体の利益のため、つまり道路拡張や空港建設などのために、個人の土地が収用されることがある。
    「名古屋新幹線訴訟」は1970年代なかば、名古屋市内を通る新幹線の騒音や振動で周辺住民の健康が損われたり、日常生活に支障をきたすようになった。周辺住民は国鉄に対して騒音や振動の差し止めで提訴した。1985(昭和60)年4月12日名古屋高裁は、周辺住民の過去の被害に対する損害賠償は認めたが、新幹線の騒音や振動の防止のための減速は交通機関の公共性を理由として認めなかった。翌年、騒音を一定限度以下に抑えることや公害を悪化させないことなどを条件に周辺住民と国鉄が和解した判例となったが、正当な補償..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。