35国際経済論第3課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数17
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    グローバリゼーションとは何か。またグローバリゼーションの推進力と問題点について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     グローバリゼーションとは何か。またグローバリゼーションの推進力と問題点について論じなさい。
     グローバリゼーションとは財、サービス、マネー、労働力、情報などの基本的な生産要素が地球規模で可動性を飛躍的に高めることであり、それに対して一定の認識を持つ必要性とは経済的、政治的、社会的或いは文化的問題が今日では地球的規模で生じ、その解決も地球規模で取り組まなければならないためである。基本的な生産要素の可動性をグローバリティと呼び、飛躍的に上昇し様々な生産要素の組み合わせでマネー移動、財やサービスの生産空間も国家統治の領域を越境する。それらの生産過程は工程として分業され、フラグメンテーションと呼ばれる。グローバリティは1990年代以降の冷戦終結、ソ連・東欧の社会主義体制解体という政治的条件の整備により地球規模で市場経済が広がり、経済取引の国家介入も後退し、IT(情報技術)革命展開という技術的・経済的条件の整備により大量の情報が地球規模で瞬時にかつ低コストで送受信されることにより、飛躍的に高まった。
     グローバリゼーションに関してはグローバリズムも重要であるが、それはグローバリゼーションを推進..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。