32経済学概論第4課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数91
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ケインズのマクロ経済理論である45度線法による均衡国民所得の決定という理論を説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ケインズのマクロ経済理論である45度線法による均衡国民所得の決定という理論を説明しなさい。
     人々がある財やサービスを購入したいと考えることを需要というが、その需要が消費需要や投資需要などの購買力を前提とした場合、特に有効需要と呼ぶ。1929年の世界恐慌以来、資本主義経済の国々は財政政策や金融政策によって有効需要創出をうながし、失業者が存在しない完全雇用の状態を目指している。そのためにどうすれば良いかを考えるのが有効需要の原理の趣旨である。有効需要の原理のなかには「三面等価の原則」がある。それは部門別の産業構造とその推移でとらえた生産国民所得、個人消費や国内総資本形成、政府最終消費別の状態や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。