27公民科教育法第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数61
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テキスト『新しい公民科教育の実践と理論-公民科教育法』第1章「学習指導の理論と実践法」を熟読し、公民科教育の授業実践に求められる指導方法や指導技術、またその理論的背景について、自分なりの視点も交えて説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     テキスト『新しい公民科教育の実践と理論-公民科教育法』第1章「学習指導の理論と実践法」を熟読し、公民科教育の授業実践に求められる指導方法や指導技術、またその理論的背景について、自分なりの視点も交えて説明しなさい。
     学習指導案の基本構想として、学習指導案は授業の計画書、設計図であるとされるのは、学校の授業も周到な準備と企画なしに成立し得ないからである。教育実習の期間は観察、参加、授業実習の段階に分かれるが、研究授業がメインである。学習指導案の様式として標題、署名の記入から始まりどのようなテーマを、どんな目標で、どのような方法で、どのくらいの時間をかけて学ばせるかという単元・指導内容の設定も重要である。そして「何のために学ばせるのか」という指導目標の設定が最も重要である。学級・生徒の状況を知る必要もあるが、それは生徒たちの学習意欲・態度を感じ、既得知識がどの程度かをおさえておかなければならない。本時の授業展開・学習活動は50分の授業を「導入」「展開」「まとめ」の3部構成をとり、評価の観点は「関心・意欲・態度」「思考・判断」「技能・表現」「知識・理解」の4観点が主に用いられる。
     よりよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。