22教育方法学第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数57
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学習指導過程の習得型と探求型のちがいを明らかにして、これらを使い分けるために大切な点はどこにあるかを説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学習指導過程の習得型と探求型のちがいを明らかにして、これらを使い分けるために大切な点はどこにあるかを説明しなさい。
     学習指導過程の習得型とは生徒たちが習って覚えていくことであり、教師から学習指導内容を提示されたうえで知識を身に付けていく課題学習であり、その学習に取り組む姿勢は受動的であり、教師が生徒たちに答えさせるのはただひとつの答えである。中学校社会科の歴史の授業で例えると歴史上の人物が存在しおこなったこと、桓武天皇が794年に平安京に遷都したという知識を授けることが目的である。
     学習指導過程の探求型とは生徒たちがある物事をあくまでも捜し求めようとしていくことであり、生徒たち自身が気付..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。